アマゾンfire tv動かない! リモコンふたの開け方

故障修理

アマゾンfire tvのリモコンが動かない。
とにかくなんでもいいからリモコンのふたの開け方を早く知りたい。
そんなあなたのためにアマゾンfire tvリモコンのふたの開け方をサクサク紹介します。

 

リモコンが動かないときはまず電池交換

 

『アマゾンfire tvのリモコンが突然動かなくなってしまった!』

そんな状態になった場合はまず電池がなくなったかもしれません。
電池を疑いましょう。

 

電池を交換するにはリモコンのふたを開けなければなりません。
このふたなんですがなかなか開かない場合があります。

 

それでは画像で開け方を紹介します。

 

丸印を人差し指と中指でおさえます

 

リモコン裏の丸印を親指でおさえます。
バツ印のくぼみはおさえない、スライド出来なくなります。

 

指でおさえた状態で矢印の方向にスライドさせる。

 

ふたが開きました
電池は単4型 2本です。

 

それでもリモコンのふたが開かないときの方法

 

上で紹介したやり方でも開かない場合があります。
そんな時はプラスチック三角オープナーを使うことも出来ます。
これはわたしのやり方で正解ではないので自己責任でお願いします。

三角オープナーをふたのすき間に入れながらゆっくりとこじ開けていきます。
無理やり開けるようなことはしないで下さい。
ゆっくりとふた全体のすき間をこじ開けていきます。

 

それでもリモコンが動かない場合

 

電池を入れ替えてもリモコンが動かない

入れ替えた電池は大丈夫ですか?
新しい電池だと思って入れ替えた物、古い電池じゃありませんか?

 

そんな時は

『電池チェッカー』を使うと調べられます。
自宅にひとつあると何かと便利ですよ。

 

ちなみにわたしが持っている電池チェッカーが下になります。

アマゾンで1000円以下で購入できます。

 

電池の残量がデジタル表示されるので分かりやすいです。
100均の電池チェッカーもありますが針のメーターなのでいまいち分かりにくいですね。

 

電池チェッカーの裏面に基準になる測定目安の数値が刻印されています。
その目安数値を参考に電池残量を確認すれば電池があるのか無いのか確認できます。

 

この電池チェッカーは電池を赤いバーではさみ込むだけです。
電池など何も必要ありません。
電池の残量をいつでも簡単に確認できるすぐれものです。

Amazon | Hapurs バッテリーテスター LCD液晶画面 デジタル 乾電池やボタン電池の残量チェック 電池残量計 電池計測チェッカー | hapurs | 電池チェッカー
Hapurs バッテリーテスター LCD液晶画面 デジタル 乾電池やボタン電池の残量チェック 電池残量計 電池計測チェッカーが電池チェッカーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

まとめ

 

電池をつかっているリモコンやおもちゃなど動かなくなったとき。
まず電池を確認したほうがいいですね。

 

しばらくの間使っていなかったおもちゃを引っぱり出してきてスイッチを入れたけど動かない。
どうしよう!

故障かなといろいろやってみたけどやっぱり動かない。
最後に電池のふたを開けてみたら電池が入っていなかった!

 

電池に関してはそんなおっちょこちょいな話もありますよ。