スポンサーリンク

【細かい作業が好き】なら腕時計の電池交換は自分でやるのもあり

故障修理
スポンサーリンク

腕時計の電池交換を自分でやってみました。
工具を裏ぶたに差し込んでこじ開けると電池が入ってます。
古い電池を取り出して新しい電池と交換して終了です。
簡単でした。

 

この記事は、

腕時計の電池交換の費用を安くしたい。
腕時計の中を見てみたい。
細かい作業がすき。
腕時計についた細かい傷はぜんぜん気にならない。

 

そんな方におすすめな記事です。

 

時計の分解などは保証サービスなど受け付けてもらえない問題がでてきます。
保証書を良く確認して下さい。

それに自分で時計をいじると傷がつきます。
傷をつけたくないときはやめたほうがいいです。

 

ですので腕時計の電池交換は自己責任でお願いします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

腕時計の電池交換【工具の準備】

 

電池交換するためには工具が必要になります。

必ず必要なのは【こじ開け工具】【またはオープナー】です。
100均のダイソーでも売られているようです。
わたしはまだ出会ったことがないのでネットで買いました。

 

【時計】【こじ開け工具】などで検索すると商品がたくさん出てきます。
こじ開け工具があれば電池交換が出来ますが、時計のベルト調整なども自分でやりたい。

 

そんなときは時計修理の工具セットを思い切って買ってしまうのも手です。

お店に頼むとなると行く時間や待ち時間があります。
時間のことを考えると好きなタイミングで電池交換やベルト調整が出来る方が便利です。

 

電池交換のやり方

こじ開け工具で裏ぶたを開けることができれば電池交換の作業はほぼ成功といえます。

 

 


裏ぶたのすき間にこじ開け工具を差し込みます。
工具の先端が入り込むすき間があるのでそこに差し込むとこじ開けやすいです。
工具を差し込んだら上下左右にやさしく動かしてあげると裏ぶたは開きます。

 

このすき間は探すのがむずかしいです。
すき間が合っているか、正しいのか分からないけど開けることができた。
それくらいすき間はわずかです。

 

注意すること
差し込むとき工具の金具で裏ぶたをガリガリやってしまうので気をつけてください。
キズは自己責任です慎重に慎重に。

 


うまく裏ぶたをこじ開けることができました。

 

 

 


電池を取り外します。

 


取り出した電池にはマジックなどで印をつけておくと入れ間違い防止になります。
古い電池をまた入れたりしたら笑えます。

 

 


電池を確認します。
電池はホームセンターや電気店などで買えます。
そのほかには時計店に行って電池を見せてみましょう。
ネット通販という手もあります。

 


新品の電池を入れたらもとに戻して完成です。

 

裏ぶたが特殊な場合

 

 

裏ぶたにミゾがある時計はこじ開け工具は使えません。

裏ぶたを開けるためには専用の2点式または3点式オープナーが必要です。
画像左のごついのがそうです。

 

専用のオープナーの突起をミゾに引っかけて回転させます。
オープナーは2点式や3点式、どちらでも可。

専用のオープナーはごついですが、作業は引っかけて回すだけなので楽です。
こじ開けと同じレベルでできます。

 

ほとんどの時計修理セットにはこのオープナーも入っています。
ですのでミゾがある裏ぶたでもいつでも自分で電池交換ができます。

 

腕時計の電池交換まとめ

 

自分で腕時計の電池交換をやってみました。
この記事で紹介した2つの方法は工具があれば簡単にできます。
時計修理セットは工具コレクションになりました。

 

自分で電池交換すると費用も安くなります。
細かい作業が好きなら、裏ぶたを開けて見るだけでも楽しくなってきます。

 

ですが自分でやると時計にキズがどうしてもつきます。
万が一ですが動かなくなったりもとに戻せなくなったりと最悪な状態になる可能性もあります。

 

趣味として壊れた腕時計を分解修理して動くようにしたらかっこいいと思います。
時計をオーバーフローできたらかっこいいと思いますがそこまでの知識や技術はありません。

 

〇大切なキズをつけたくない時計。
〇自分で裏ぶたをあけるのは無理だ。
〇自分でやれる自信があるかどうか?

 

費用や保証のことを考えて判断したほうがいいですね。
時計のプロに頼んだほうが安心感はあるし仕事内容が間違いないのは確かです。

 

故障修理
スポンサーリンク
シェアする
ワッタをフォローする
中古の家でガチチャレブログ