スポンサーリンク

味気ない部屋の壁にツーバイフォーで飾り棚をDIY

DIY
スポンサーリンク

だれでも部屋の壁にツーバイフォーで簡単に飾り棚がDIYできます。
壁に穴はあけないので安心で現状回復できます。
なので賃貸のお部屋でもOK。

 

「ここの壁にちょっと収納が欲しいな」

「棚があったら便利だな」

 

と思ったらDIYしちゃいましょう。
自分の好みにあった棚が作れればめちゃくちゃ楽しいと思いませんか?
おしゃれなインテリアを選ぶと案外高価なものです。
ツーバイフォー材でDIYすれば結構お得に作れて経済的です。
この記事では実際にDIYした壁収納を画像で紹介しています。

 

味気ない壁があるなら収納や飾り棚をDIYしてみませんか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

壁に飾り棚をDIYするメリット

 

壁に飾り棚や壁収納をDIYするメリットです。

①材料を揃えるのが簡単
②安い
③壁に穴をあけない
④自分の好みのサイズに棚が作れる
⑤いらなくなったらすぐに分解できる

 

ひとつずつ見ていきましょう。

①材料を揃えるのが簡単
材料はホームセンターで買えるものです。

  • ツーバイフォー材
  • ディアウォール
  • エル字型金具
  • コーススレッド

ディアウォールはツーバイフォー材に取り付けて突っ張れる商品です。

エル字型金具は100均でも買えますよ。

 

②安い
安い材料を選んでDIYすれば家具を買うより経済的です。

 

③壁に穴をあけない
床と天井にディアウォールで突っ張るだけなので壁に穴をあけません。
賃貸の住まいでも気にせずに棚が作れます。

 

④自分の好みのサイズに棚が作れる
DIYのいいところは自分の部屋のサイズに合わせて作れるところです。
棚の数は自分の好きなように何段にもできます。
幅も目的に合わせて広くしたり狭くしたりできます。

 

⑤いらなくなったらすぐに分解できる
もしも壁に作った棚が必要無くなったら取り外せばいいだけです。
ツーバイフォー材はノコギリひとつで細かくできるので処分も簡単です。
ノコギリもいろいろなタイプの物があります。
そのなかでも電動ノコギリが楽に作業できるのでおすすめです。
木材はもちろん鉄も切ることが出来ます。

こんな記事も書いてます
電動ノコギリで粗大ごみを解体して捨てよう

 

【画像】ディアウォールで壁に棚をDIY

 

実際にDIYした壁に作った棚です。
棚部分の水平はきっちり取った方がカッコイイです。

 

天井まで高さを測ってツーバイフォーの長さを計算します。

天井までの高さから 45mmマイナスした長さが必要です。
なぜ45mm短くするかというとディアウォールをはめ込むんで突っ張るためです。

 

 

棚の部分はエル字金具で固定しました。
エル字金具は100均でも買うことが出来ます。
棚の長さを決めるのは自分の好みです。
何段の棚の数にするかも自由に決めることが出来ます。

 

棚の部分には1.5cmの角材を取り付けています。
取り付けは木工用ボンドです。
ネジは使っていません。

こうすると物が落ちにくくなります。
落下防止です。
雑誌などを立てれるので見せる収納になっておしゃれです。

 

 

スチールハンガーがあったので取り付けてみました。
右側のツーバイフォーは縦に取り付け、左のツーバイフォーは横にしています。
ディアウォールだからできる事です。
下に取り付けている二つの板は特に意味はありません。
グラグラしないように補強としての役割があります。

 

まとめ 壁に飾り棚をDIY

 

ツーバイフォー材をそのまま使ってもいいですが、塗料を使って自分の好きな色に塗ってしまうのもおしゃれですね。
水性の塗料を使えば臭いもほとんどないですし片付けも簡単なのでおすすめです。

 

コーススレッドで組み立てるだけなのでめちゃくちゃ簡単にDIYできます。
工具はノコギリとインパクトドライバーがあればOKです。
あったら便利なのが【下穴錐】です。
ツーバイフォー材が割れてしまうのを防ぎます。

 

ツーバイフォーとディアウォールを使ったDIYを紹介しました。
短時間で簡単にDIYできるので参考にしてみて下さい。

 

DIY
スポンサーリンク
シェアする
ワッタをフォローする
中古の家でガチチャレブログ