スポンサーリンク

自転車置き場をDIY、ネジ選び種類とサイズ

自転車置き場
スポンサーリンク

自転車置き場をDIYしています。
今回は柱など木材を固定するために使うネジを選んできました。
DIYとは言えども頑丈で倒れないような自転車置き場にしたいと思っています。

 

基礎を埋めて確認したのですが結構広めの自転車置き場になりそうです。
自転車3台くらいを置ければいいと考えています。

 

自転車置き場が大きいと強度が心配です。
台風などの強風で崩壊してしまってはこっちもへこみます。
ご近所さんにも、もしかしたら迷惑がかかってしまうかもしれません。
それだけは避けたいと思います。

 

ということで頑丈に組み立てるためにネジを選びました。
どんなネジの種類とサイズを選んだのか紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネジ選び

 

まずはコーススレッドを選びました。
DIYなどものづくりにはかかせないネジですね。

 

DIY初心者のわたしは基本だけは抑えておきたいと思って、ホームページやYouTubeなどで確認しました。

 

下の購入してきたコーススレッドをみながら確認していきます。
大きく分けて3点確認します。

 

素材について

 

素材

まずは今回ステンレス製を選びました。
ステンレス製とはべつにユニクロメッキ製というものがあります。
それぞれの特徴です。

 

ステンレス製コーススレッド
サビにくいので屋外使用向き
値段がユニクロメッキ製より少々高価

 

ユニクロメッキ製コーススレッド
値段が安い
サビがでやすいので屋内使用向き
自転車置き場は屋外になるのでステンレス製コーススレッドを選びました。

 

ネジの長さについて

 

ネジの長さ

ネジの長さについては何を作ろうとするかで選ぶしかないと思います。
ホームページやYouTubeなどで調べてみると75mmの長さが使い勝手が良さそうです。

 

今回は75mmと65mmのステンレス製コーススレッドを購入してみました。
実際打ち込んだらどれくらいになるのか、コーススレッドを9cmの角材にあててみました。
下のようになります。

 

 

うすい材料を固定するときは65mmのコーススレッドでもいいと思います。
逆に2×4材を固定するときは75mmが良さそうです。
コーススレッドは使い勝手がいい75mmと65mmの使い訳がいいかもしれませんね。

 

追加で35mmのコーススレッドも購入しています。
金具を取り付けるのに必要でした。
金具とはシンプソン金具です。
シンプソン金具は屋根をつくるときに利用しています。
シンプソン金具については別の記事で紹介したいと思います

 

頭のかたちについて

 

頭のかたち

頭のかたちは販売されているコーススレッドの箱に記載されています。
確認します。

 

こちらはラッパ頭になります。

 
ラッパ頭とは別にフレキというものがあります。

 

 

ラッパ
曲線的な頭です。トランペットのようなつくり、木材に対して沈み込まない。

 

フレキ
直線的なつくり逆三角形ようなつくり、木材に対して沈み込んでいきます。

 

上のような感じで理解しています。

 

今回選んだのは75mmと65mmはラッパを購入しました。
35mmはフレキになります。

 

半ネジと全ネジの違いについて

 

半ネジ・全ネジ

半ネジ
コーススレッドを見たとき真ん中あたり半分くらいまでがネジになっています。
木材どうしがくっつくようにネジを打ち込めます。

 

全ネジ
コーススレッドの全体がネジになっています。
木材どうしがくっつかずに隙間ができる場合があります。
今回は半ネジを選びました。屋外に使用するので雨などを考えました。
木材の隙間はなるべく無いほうがいいと思ったからです。

 

まとめ

 

今回選んだコーススレッドの内容をまとめてみます。

 

素材はステンレス製
屋外で使うのでなるべくサビないようにするため。

 

頭のかたち
ラッパとフレキの頭、特にこだわりはありません。
半ネジ

コーススレッドの長さ
75mmと65mmの2種類、75mmはDIYで何かと使える長さのようです。
追加で35mm、シンプソン金具の固定に使いました。

 

以上が自転車置き場をDIYするときに選んだネジになります。
はじめは費用のことを考えてステンレス製はやめてユニクロメッキ製にしようと思いました。
いったんユニクロメッキに決めたのですが考え直しました。
サビについて考え直し、少しでもDIYした自転車置き場を長持ちさせたいと思いステンレス製に変更しました。

 

わたしは、たぶんユニクロメッキ製を使ったらサビを気にして自転車置き場を見る度に心が毎日モヤモヤして精神衛生上良くなかったと思います。
それよりは費用は少し高いですがステンレス製にしたほうが心がすっきりします。
毎日つかう自転車置き場なのでモヤモヤは嫌ですね。
わたしにとってステンレス製のコーススレッドにしたのは最善の選択だったと思います。

 

自転車置き場
スポンサーリンク
シェアする
ワッタをフォローする
中古の家でガチチャレブログ