【レビュー・失敗談】アマゾンで買ったディスクグラインダー

電動工具
ワッタ
ワッタ

アマゾンでディスクグラインダーを紹介します。

便利なディスクグラインダーですがすごい速さでまわるので注意が必要です。

実際に使ってみたんだけど失敗しちゃった使い方をしてたみたいです。
なので基本をチェックしたよ。

 

 

ディスクが高速で回転するディスクグラインダー。
使い方を間違えると事故の原因になるので基本をおさえておきましょう。
実際に失敗した使い方をしてしまいましてレンガやモルタル用のディスクで鉄を細断していました。
そんなミスもふくめてディスクグラインダーのレビューを紹介します。

 

ディスクグラインダー 切断する時は右側でする

 

今回紹介するのはアマゾンで買ったディスクグラインダーです。
とにかく安いです。

E-Value ディスクグラインダー 100mm 550W EDG-550

 

上の画像に矢印があります、切断するときはディスクの真ん中より右側を使います。
切断するものに画像の矢印部分を当てて動かします。
両手でしっかり持って操作すると安定します。

 

もしも左側で切断しようとするとキックバックがおきやすくなり危険です。
キックバックはディスクグラインダーが上や手前などにはじかれてしまうことです。
どうしても左側で切断をしなければならないときは右側のときよりもしっかり力をいれて持ってあげないと弾き飛ばされそうになりますので注意です。

 

砥石の選択を間違わない

ディスクグラインダーは金属・木材・石材などなんでも加工できるので便利な工具です。
切る・削る・磨くことができます。

 

たとえば上のディスクはレンガやモルタルに溝を入れたり切断するときのものです。
とにかく砥石はたくさんの種類があります。

 

 

金属を切断したいとき、木材を削りたいときなど作業の内容によってディスクを選ぶようにしてください。

 

間違ってやってしまった失敗を紹介。
スチールラックを切断したんですが使ったディスクがモルタル・コンクリート・レンガ用でした。
確認しないで全然違う目的のディスクで鉄を切断してしまいました。

 

ディスクグラインダーは両手でしっかり持つことをおすすめします。
まっすぐ切断するにはパワーが必要です。
変色してまっすぐ切断できませんでした。

 

 

 

切断面がカッコ悪いのでカインズの水性塗料を吹き付けました。
水性タイプで臭いはないので吹きつけてからすぐに室内においても大丈夫でした。

 

 

【失敗の結果】
モルタルコンクリート用のディスクで鉄は切断できました。
ですが切断箇所がひどい状態になりました。
今回はケガにはつながりませんでしたが間違ったディスクで作業すると危険です。
正確なディスクを選んで取り付けることが大事になります。

 

防具・保護用具は必ず用意

 

 

ディスクグラインダーで作業するときは大きな音が出て材料の破片などが飛んできます。
それらから体を守らなければなりません。
ディスクグラインダーを使うときは防具・保護用具を身につけることをおすすめします。

 

防具・保護用具

・保護手袋(軍手は巻き込まれる恐れがあります)
・保護メガネ(火花や削りカスが飛んできます)
・耳栓(あると作業後が楽です)
・マスク
・汚れてもいい作業着(火花が飛んでくるので穴が開く)

 

これらを準備し安全を確保して作業してください。
鉄を切断すると火花が飛んでくるのでびっくりしますよ。
火花が自分に向かってきますので穴が開いてもいいような服装がいいです。

 

 

ディスクグラインダーのレビュー まとめ

 

アマゾンでかったディスクグラインダーを紹介しました。
値段が安いのでどうかと思いましたがDIYで使うには十分だと思います。
ひとつあればよかったと思った機能はディスクの回転速度を変えられる機能が欲しかったです。
スイッチオンしていきなり高速回転は正直びっくりします。

 

 

次に買うとしたら回転速度を変えられるものにしようと思います。
たとえば電動工具で有名な高儀のものは変速機能付きでめちゃくちゃ安いです。
デザインもカッコいいしDIYには十分でしょう。

髙儀(Takagi) 変速ディスクグラインダー EARTH MAN 100mm DGR-110SCA

 

ということで、ディスクグラインダーは使ってみると便利ですが扱い方を間違えるとケガにつながります。
基本を守って事故にならないように気をつけましょう。